阪神競馬場ダート1800m

上へ阪神競馬場ダート1200m阪神競馬場ダート1400m阪神競馬場ダート2000m
最終更新日:2021-05-16

阪神競馬場ダート1800mの特徴

akebono1970

下の高低断面図を見ながら説明していきます。

阪神ダート1800mは、スタンド前からのスタート。スタート地点は上り坂の途中という設定。1コーナーまでは約303m。ゴール板を通り過ぎてからダートコースを1周し、急坂を2回駆け上がるタフなコースです。

阪神競馬場ダート1800m高低断面図

阪神競馬場ダート1800m高低断面図
阪神競馬場ダート1800m高低断面図

阪神競馬場ダート1800m枠番別成績

阪神競馬場ダート1800m枠番別成績
阪神競馬場ダート1800m枠番別成績
阪神競馬場ダート1800m枠番別成績グラフ
阪神競馬場ダート1800m枠番別成績グラフ
akebono1970

上の枠番別成績を見ると、6~8枠が他の枠より有利だということがわかります。コースの形状から、各馬の位置取りが決まる前に1コーナーに入るため、内枠の馬は揉まれやすいのだと思われます。阪神競馬場ダートコースは7枠を中心に外枠が有利な傾向があるので、ぜひ覚えておきたいところです。

結論:外枠が有利

阪神競馬場ダート1800mは、外枠が有利ということが表とグラフから分かりました。今度はどの脚質が有利なのか、調べてみましょう。

阪神競馬場ダート1800m脚質別成績

阪神競馬場ダート1800m脚質別成績
阪神競馬場ダート1800m脚質別成績
阪神競馬場ダート1800m脚質別成績
阪神競馬場ダート1800m脚質別成績
akebono1970

上の脚質別成績の表とグラフを見ると、先行馬が有利。その次に逃げ馬が活躍していることが分かります。同競馬場の1400mや2000mと同じような感じです。距離が延びるにつれて逃げ馬の成績が落ち、先行馬の成績が良くなる傾向は、どの競馬場でも見られます。

結論:先行馬が有利

ここまでの考察で、有利な枠は外枠。有利な脚質は先行馬ということが表やグラフで確認できました。このデータを見て、外枠の先行馬が有利と言えるのかどうか。下の表とグラフを見て検討してみましょう。

阪神競馬場ダート1800m枠番別・脚質別成績

阪神競馬場ダート1800m枠番別・脚質別成績グラフ
阪神競馬場ダート1800m枠番別・脚質別成績グラフ
akebono1970

上の表は、枠番別成績を脚質別に細分化したものです。

まず枠順を軸にして考えてみましょう。外枠、特に7・8枠が勝率・連対率・複勝率が高いのが分かります。全体的に内枠に向かうにつれ、勝率・連対率・複勝率が下がっていくのが見て取れると思います。

脚質を中心に見ると、1枠以外の先行馬が活躍していることが分かります。差し馬もソコソコの成績ですが、先行馬にはかなわないようです。

追込馬は枠順問わず、馬券に絡むことが難しいです。有利な外枠であっても複勝率が3%に満たないので、ほぼ無視しても良さそうです。

最終結論:外枠の先行馬が有利

上へ阪神競馬場ダート1200m阪神競馬場ダート1400m阪神競馬場ダート2000m

Follow me!

PAGE TOP