阪神競馬場ダート1200m

上へ阪神競馬場ダート1400m阪神競馬場ダート1800m阪神競馬場ダート2000m
最終更新日:2021-05-16

阪神競馬場ダート1200mの特徴

akebono1970

下の高低断面図を見ながら説明していきます。

向こう正面の2コーナー出口付近がスタート地点。スタートしてから約200mはほぼ平坦。ゴールまで1000m付近から4コーナーの出口あたりまで続きます。最後の直線距離は352.5m。ゴール前200mほどが急坂となっています。

短距離戦ということもあり、前傾ラップになりがちです。

阪神競馬場ダート1200m高低断面図

阪神競馬場ダート1200m高低断面図
阪神競馬場ダート1200m高低断面図

阪神競馬場ダート1200m枠番別成績

阪神競馬場ダート1200m枠番別成績
阪神競馬場ダート1200m枠番別成績
阪神競馬場ダート1200m枠番別成績グラフ
阪神競馬場ダート1200m枠番別成績グラフ
akebono1970

枠番別成績を見ると、5・7・8枠が他の枠より有利のように見えます。6枠の数字が低く見えますが、阪神競馬場の他のダートコースは概して7枠周辺が有利。おそらく、集計期間中の6枠の成績がたまたま悪かったものと思われます。

阪神競馬場ダート1200mは内枠の数字が低くなっています。2枠の複勝率が良いように見えますが、両隣、1・3枠の成績が良くないため、こちらは集計期間中に本来よりも多くの好走馬が出現したものと思われます。

結論:外枠が有利

上のデータにより、阪神競馬場ダート1200mは、外枠が有利だと分かりましたので、次はどの脚質が有利なのか、調べてみましょう。

阪神競馬場ダート1200m脚質別成績

阪神競馬場ダート1200m脚質別成績
阪神競馬場ダート1200m脚質別成績
阪神競馬場ダート1200m脚質別成績
阪神競馬場ダート1200m脚質別成績
akebono1970

脚質別成績の表とグラフを見ると、逃げ・先行馬が圧倒的に有利。最後の直線で急坂が待ち受けているため、イメージ的には差し・追込馬にも分があるかと思いきや、実は前方に位置した馬の方がはるかに良い成績です。

未勝利戦や1勝クラスは、この傾向が強いと言われています。折を見て、こういった傾向も精査していきたいと思います。

また、阪神競馬場の他のダートコースでは、差し・追込タイプの成績が若干上がっています。その分、逃げ・先行タイプの成績が下がっている点にも注目です。

結論:逃げ・先行馬が有利

以上で、枠番では外枠が有利、脚質では逃げ・先行馬が有利ということが分かりました。では、このデータを元に、枠番を脚質別に細分化したデータを見て考察してみましょう。

阪神競馬場ダート1200m枠番別・脚質別成績

阪神競馬場ダート1200m枠番別・脚質別成績グラフ
阪神競馬場ダート1200m枠番別・脚質別成績グラフ
akebono1970

上の表は、枠番別成績を脚質別に細分化したものです。

枠順をキーにして考えると、全体的に外枠に5%以上・10%以上の塗りつぶしが多いことが分かります。内枠にもそういった塗りつぶされた項目がありますが、外枠よりも数値が低くなっています。

脚質を中心に見ると、先行馬がまんべんなく活躍していることが分かります。特に8枠は、勝率・連対率。複勝率が抜群で、やはりこの枠は馬券検討の段階で無視できないでしょう。

追込馬は枠順問わず、なかなか馬券圏内に絡むことは稀なようです。追込タイプの人気馬は「消し」で良さそうです。

最終結論:外枠の先行馬が有利

上へ阪神競馬場ダート1400m阪神競馬場ダート1800m阪神競馬場ダート2000m

Follow me!

PAGE TOP