中京競馬場ダート1800m

上へ中京競馬場ダート1200m中京競馬場ダート1400m中京競馬場ダート1900m

最終更新日:2021-05-04

中京競馬場ダート1800mの特徴

akebono1970

下の高低断面図を見ながら説明していきます。

重賞としては、チャンピオンズC(GⅠ)や東海S(GⅡ)が行われるコースです。ホームストレッチの上り坂途中がスタート地点。前半の平均ラップは、他のコースに比べてクラスごとの差がそれほどありません。

向こう正面の半ばあたりから4コーナーの終わりくらいまで長く急な下り坂。最後の直線は残り200m付近まで急な上り坂となっており、アップダウンの激しいコースです。そのためスタミナ豊富な先行馬が圧倒的に有利です。

中京競馬場ダート1800m高低断面図

中京競馬場ダート1800m高低断面図

中京競馬場ダート1800m枠番別成績

中京競馬場ダート1800m枠番別成績
中京競馬場ダート1800m枠番別成績
中京競馬場ダート1800m枠番別成績グラフ
中京競馬場ダート1800m枠番別成績グラフ
akebono1970

上の枠番別成績を見ると、1・2枠が他の枠より有利だということがわかります。6枠は複勝率が少しだけ他の枠よりも良いようです。全体的に見ると、外枠に向かうにつれて少しずつ数字が悪くなっているのが見て取れます。

中京競馬場のダートコースは、比較的内枠が有利な傾向です。一般的には、ダートレースは外枠が有利にレースを進めやすい。これが常なのですが、中京競馬場ではこれが当てはまりにくい。これを利用して人気薄の内枠の馬を狙うのが面白そうです。

結論:内枠が有利

では、内枠有利が分かったところで、今度はどの脚質が有利なのか、調べてみましょう。

中京競馬場ダート1800m脚質別成績

中京競馬場ダート1800m脚質別成績
中京競馬場ダート1800m脚質別成績
中京競馬場ダート1800m脚質別成績グラフ
中京競馬場ダート1800m脚質別成績グラフ
akebono1970

上の脚質別成績の表とグラフを見ると、逃げ・先行馬が圧倒的に有利。同競馬場の1200mほどではありませんが、やはり前に位置取れる馬が有利ということに変わりはなさそうです。

下級条件ほど、この傾向が強いと言われています。機会があれば、クラスごとの脚質別成績も調査してみたいと思っております。

結論:逃げ・先行馬が有利

ここまでで、有利な枠番は1・2枠の内枠。・脚質は逃げ・先行馬ということが表やグラフで確認できました。このデータを見て、内枠の逃げ・先行馬が有利と言えるのか。下の表を見て考察してみましょう。

中京競馬場ダート1800m枠番別・脚質別成績

中京競馬場ダート1800m枠番別・脚質別成績グラフ
中京競馬場ダート1800m枠番別・脚質別成績グラフ
akebono1970

上の表は、枠番別成績を脚質別に細分化したものです。

枠順を軸にして考えると、全体的に内枠が有利な傾向だということは動かしがたい事実です。それに加え、1~3枠は意外にも差し馬が健闘。あまりに後ろ過ぎる展開でなければ、馬券圏内も十分に考えられるということでしょう。

脚質を中心に見ると、先行馬がまんべんなく活躍していることが分かります。特に1・2枠の内枠は複勝率がかなり高く、馬券検討の際は押さえておきたいところです。

追込馬は枠順問わず、馬券に絡むことが難しいです。追い込みタイプの人気馬は疑ってかかってみましょう。

最終結論:内枠の逃げ・先行馬有利

上へ中京競馬場ダート1200m中京競馬場ダート1400m中京競馬場ダート1900mわk

Follow me!

PAGE TOP