東京競馬場ダート2100m

上へ東京競馬場ダート1300m東京競馬場ダート1400m東京競馬場ダート1600m

最終更新日:2021-05-05

東京競馬場ダート2100mの特徴

akebono1970

下の高低断面図を見ながら説明していきます。

スタンド前の坂を上り切った所からスタート。1コーナーまでの距離は236mと短く、先行争いが激しくなることが多いです。1コーナーのカーブがキツめなので、早めに好位を取れるかどうかがカギとなります。最後は長距離戦らしくスタミナ比べになることが多いようです。

東京競馬場ダート2100m高低断面図

東京競馬場ダート2100m高低断面図
東京競馬場ダート2100m高低断面図

東京競馬場ダート2100m枠番別成績

東京競馬場ダート2100m枠番別成績
東京競馬場ダート2100m枠番別成績
東京競馬場ダート2100m枠番別成績グラフ
東京競馬場ダート2100m枠番別成績グラフ
akebono1970

上の枠番別成績を見てみましょう。

明らかに3~5枠の圧倒的有利が見て取れます。他の枠の成績は置かれている感じです。

JRAの競馬場のダートコースは、外枠有利な場合が多いので、ぜひ覚えておきましょう。

結論:3~5枠が有利

では、3~5枠の有利が分かったところで、今度はどの脚質が有利なのか、調べてみましょう。

東京競馬場ダート2100m脚質別成績

東京競馬場ダート2100m脚質別成績
東京競馬場ダート2100m脚質別成績
東京競馬場ダート2100m脚質別成績
東京競馬場ダート2100m脚質別成績
akebono1970

上の脚質別成績を見てみましょう。

距離・コース形態からスローペースになりやすいためか、逃げ・先行馬が有利です。

基本的にダートレースは、序盤からペースが速くなりやすいですが、2100mなので様々な展開になりやすいようで、スローペースになることもある。平均ペースも多いものの、逃げ馬を中心としたメンバー構成に左右されやすいコースです。

結論:逃げ・先行馬が有利

有利な枠番はの内枠。・脚質は逃げ・先行馬ということが表やグラフで確認できました。このデータを見て、内枠の逃げ・先行馬が有利と言えるのか。下の表を見て考察してみましょう。

東京競馬場ダート2100m枠番別・脚質別成績

東京競馬場ダート2100m枠番別・脚質別成績グラフ
東京競馬場ダート2100m枠番別・脚質別成績グラフ
akebono1970

上の表は、枠番別成績を脚質別に細分化したものです。

枠順に主体として考えてみましょう。1枠以外は連対率・複勝率が高くなっています。中でも、3~5枠の成績の良さは特筆ものです。枠番別成績では、6枠はそれほどでもありませんでしたが、この枠の先行馬は成績が良いのが分かります。

脚質をキーにしてみます。3~6枠に入った先行馬がかなり良い成績です。特に5枠は勝率も10%を超えていて特に注意したい枠と言えるでしょう。脚質別成績では、逃げ馬が他の脚質よりも良い成績でしたが、細分化された表では、特にどの枠で有利ということはありません。

最終結論:3~6枠の先行馬が有利

上へ東京競馬場ダート1300m東京競馬場ダート1400m東京競馬場ダート1600m

Follow me!

PAGE TOP