東京競馬場ダート1600m

上へ東京競馬場ダート1300m東京競馬場ダート1400m東京競馬場ダート2100m

最終更新日:2021-05-05

東京競馬場ダート1600mの特徴

akebono1970

下の高低断面図を見ながら説明していきます。

毎年2月にフェブラリーS(GⅠ)が行われるコース。芝スタートで、内枠でも芝部分を150mほど走ることになります。外枠はさらに芝を走る距離が30mほど長くなっています。そのためなのかは不明ですが、外枠、特に8枠が有利なコースです。

スタート地点は2コーナーのポケット。3スタートからコーナーまでは約640m。そこにたどり着くまでに緩い下り坂と上り坂を含んでいます。3~4コーナーはほぼ平坦。最後の直線距離は501.6mで、日本のダートコースで最も長い距離を誇ります。

東京競馬場ダート1600m高低断面図

東京競馬場ダート1600m高低断面図

東京競馬場ダート1600m枠番別成績

東京競馬場ダート1600m枠番別成績
東京競馬場ダート1600m枠番別成績
東京競馬場ダート1600m枠番別成績グラフ
東京競馬場ダート1600m枠番別成績グラフ
akebono1970

上の枠番別成績の表とグラフを見ると、8枠が突出して成績が良いのが分かります。東京競馬場ダート1600mでは鉄板ネタですが、表とグラフにして表すと視覚的に分かりやすいですね。

逆に1枠はかなり不利だと言えます。複勝率が8枠の連対率よりも高いのは特筆ものです。

グラフを見ると外枠有利・内枠不利が明らか。これほどキレイなグラフはめったにありません。

結論:外枠が有利

では、外枠が有利だと分かったところで、次はどの脚質が有利なのか、考察してみましょう。

東京競馬場ダート1600m脚質別成績

東京競馬場ダート1600m脚質別成績
東京競馬場ダート1600m脚質別成績
東京競馬場ダート1600m脚質別成績グラフ
東京競馬場ダート1600m脚質別成績グラフ
akebono1970

脚質別成績の表とグラフを見ると、逃げ・先行馬の成績が抜群です。

東京競馬場ダートコースでの差し馬の成績は、他競馬場よりも良い傾向です。やはり、最後の直線が長いことが影響していると思われます。

JRAの競馬場のダートコースはほとんどがそうですが、追い込み馬の成績はイマイチです。直線の長い新潟競馬場でも複勝率は4~6%くらいなので、追込タイプの人気馬は、思い切って切ってみるのもアリでしょう。

結論:逃げ・先行馬が有利

ここまでで、有利な枠は外枠、特に8枠。脚質は逃げ・先行馬ということが理解できたと思います。。これらのデータを見て、外枠の逃げ・先行馬が有利なのか。下の表を見て検討していきましょう。

東京競馬場ダート1600m枠番別・脚質別成績

東京競馬場ダート1600m枠番別・脚質別成績グラフ
東京競馬場ダート1600m枠番別・脚質別成績グラフ
akebono1970

上の表は、枠番別成績を脚質別に細分化したものです。この表を見て検討してきましょう。

枠順を軸にして考えると、1枠から8枠に向かうにしたがい、成績が良くなっています。特に1枠に入った人気馬は思い切って消すのもアリではないでしょうか。

脚質にフォーカスを当ててみると、5~8枠の先行馬の成績が良いことが分かります。こちらも内枠に向かうにしたがい、成績が悪くなっています。

追込馬は枠順問わず、複勝率は2~4%前後。20回に1回も馬券に絡んでいないので、それほど重要視することはなさそうです。

最終結論:外枠の先行馬有利

上へ東京競馬場ダート1300m東京競馬場ダート1400m東京競馬場ダート2100m

Follow me!

PAGE TOP