東京競馬場ダート1400m

上へ東京競馬場ダート1300m東京競馬場ダート1600m東京競馬場ダート2100m

最終更新日:2021-05-05

東京競馬場ダート1400mの特徴

akebono1970

下の高低断面図を見ながら説明していきます。

JRAの競馬場でダート1400mが設定されているのは、東京・中京・京都・阪神の4場。この中でスタート地点が芝でないのは、この東京コースのみ。

東京競馬場ダート1400mのスタート地点は向こう正面の2コーナー近く。スタートしてから3コーナーまでは442m。この3コーナーまでは下りが続くため前半のペースは速くなりがちです。

3~4コーナーはほぼフラットなコース。最後の直線は日本のダートコースで最長の501.6mの急坂があり、残り200mまで約2mの上りです。そこからゴールまでは平坦です。

東京競馬場ダート1400m高低断面図

東京競馬場ダート1400m高低断面図
東京競馬場ダート1400m高低断面図

東京競馬場ダート1400m枠番別成績

東京競馬場ダート1400m枠番別成績
東京競馬場ダート1400m枠番別成績
東京競馬場ダート1400m枠番別成績グラフ
東京競馬場ダート1400m枠番別成績グラフ
akebono1970

上の東京競馬場ダート1400mの枠番別成績の表とグラフを見てみましょう。

パッと見て、3枠と6~8枠に良績が集まっていることが分かります。しかしながら、3枠の両隣の2・4枠の成績が悪いことが気になるところ。本当に3枠が有利ならばその周辺の枠も良績のはず。

恐らく、集計期間中の3枠に、偶々、上位入線馬が固まっていたのではないかと思われます。JRAのダートコースは外枠が有利な場合が多いので、東京競馬場ダート1400mもそれが当てはまるのではないでしょうか。

結論:外枠が有利

上の表とグラフを見ると、東京競馬場ダート1400mは、6~8枠が有利だと分かりました。次に、下の脚質別成績の表とグラフを見てみましょう。

東京競馬場ダート1400m脚質別成績

東京競馬場ダート1400m脚質別成績
東京競馬場ダート1400m脚質別成績
東京競馬場ダート1400m脚質別成績グラフ
東京競馬場ダート1400m脚質別成績グ枠にラフ
akebono1970

上の東京競馬場ダート1400mの脚質別成績の表とグラフを見てみると、逃げ・先行馬が有利です。逃げ馬の複勝率が40%近くもあり、かなり有利だということが分かります。また、先行馬もなかなかの成績。馬券の軸はこの両脚質のなかから選択するのが良さそうです。

東京競馬場ダートコースは、他の競馬場ダートコースと比較して、逃げ・先行馬の成績が悪い傾向です。その分、差し・追込馬の成績が若干良い傾向があることを覚えておきましょう。

結論:逃げ・先行馬が有利

ここまでで、外枠が有利、脚質は逃げ・先行馬が有利ということが分かりました。これらのデータから、外枠に入った逃げ・先行馬が有利なのか、下の表を見て検討してみましょう。

東京競馬場ダート1400m枠番別・脚質別成績

東京競馬場ダート1400m枠番別・脚質別成績グラフ
東京競馬場ダート1400m枠番別・脚質別成績グラフ
akebono1970

上の表は、枠番別成績を脚質別に細分化しています。

枠順を軸にしても、脚質を軸にしても、どの枠のどの脚質が有利なのか、強調できるほどの数字がありません。

全体的に俯瞰すると、先行馬と差し馬がどの枠でも若干有利に見えるかなぁ、という程度。しかしながら、1・2枠はあまり推せる成績ではありません。

無理に、どの枠のどの脚質が有利という結論は出さない方が良さそうです。

最終結論:特になし

上へ東京競馬場ダート1300m東京競馬場ダート1600m東京競馬場ダート2100m

Follow me!

PAGE TOP