札幌競馬場ダートコース

札幌競馬場ダートコース距離別データ

※ 下記の画像をクリックまたはタップすると詳細ページに移動できます。
札幌競馬場ダート1000m
札幌競馬場ダート1000m
札幌競馬場ダート1700m
札幌競馬場ダート1700m
札幌競馬場ダート2400m
札幌競馬場ダート2400m
akebono1970

2014年7月26日にリニューアルオープン。ダートコースは1周1,487mとなり、ローカル競馬場の中で最も大きな規模となりました。高低差は約0.9m。目立つほどのものではなく、ほぼ平坦と言ってもいいでしょう。

4つのカーブが緩やかで大きいため、一般的な競馬場を楕円とすれば、札幌競馬場はより円形に近いレイアウトになっています。 つまり、カーブの部分が多いため、アウトコースを通らされるとかなり不利になります。ただし、カーブが緩やかなこともあり、3~4コーナーで加速しやすく、他競馬場のダートコースよりも差しが決まりやすい(と言ってもわずかですが)特徴があります。

さらに特徴的なのは、いずれのスタート地点(1,000m、1,700m、2,400m)も、最初のコーナーから距離があるため、各馬が思い通りのポジション取りをしやすいということ。ただし、内側の砂が深いため、終始内側を通らされると脚を使ってしまい、エネルギー切れを起こすこともあります。インコースを取るかアウトコースを取るか、騎手の技量も重要な要素となりそうです

札幌競馬場コースレイアウト

札幌競馬場

画像はJRAよりお借りいたしました。

一周距離 幅員 直線距離 高低差 発走距離
1,487m 20m 264.3m 0.9m 1,000m、1,700m、2,400m

※ 赤文字は、過去10年間で1度も競走が行われていない距離です。

 

PAGE TOP